Tamiko

noteに記事を書いています

  • 音楽史(6本)
  • アイルランド伝統音楽の歴史

    イギリス音楽の歴史

    スコットランド伝統音楽の歴史

    シェットランド伝統音楽の歴史

    アメリカンオールドタイムの歴史

    ウェールズ伝統音楽の歴史

  • 私自身のフィドルの話(4本)
  • はじめまして

    CCÉ主催Fleadh Cheoilの日本予選フィドルソロ部門を受けてみた

    伝統フィドルとの出会い

    イギリスに行く〜フィドルに出会うまでの道のり

  • アイリッシュ事始め(4本)
  • アイルランド音楽を理解する第一歩

    アイルランド音楽の歴史

    寛容なアイルランドの音楽

    言語の起源からたどる民族音楽

  • アイルランド音楽の背景を知ることができるマガジン(3本)
  • 文献紹介(その1)~絶版になってしまったアイルランドダンス音楽の決定版

    文献紹介(その2)オフェイロン『アイルランド 歴史と風土』~アイルランドの扉を開くカギとなる一冊

    文献紹介(その3)~一般向けの最新版アイルランド通史はこの一冊

  • 「ケルト」と音楽の関係がよく分かるマガジン(4本)
  • ケルト音楽を検証する

    「ケルト音楽」について何か書かなければと思ったきっかけ

    「ずっとケルトだった」創られた歴史

    ケルトは歴史ではなかった

Primroseプリムローズ(弦楽器とレコードの店)w-primrose.com

神戸の異人館近くにあるバイオリンショップ

楽器の職人さんの工房兼ショップではなく、一流のそして今も現役の奏者がお店の主であるところが一番の特徴。単に楽器の問題だけでなく、弾き手として感じるわずかな不具合も相談できます。チューニングを含めた楽器の取り扱いが長年の奏者ならではの慣れがあって安心できます。店主が奏者の目で選んだ楽器は、どれも4弦すべてバランスよく鳴るものをそろえています。フィドルは、100年ほど昔のアンティック・バイオリンあたりが、フィドル曲を弾くのに味があっておすすめです。そのレベルの楽器は、数が少なく、他ではお値段も張るかも知れません。現在、コロナ禍で仕入れができない状態で在庫はあるのみ。アンティク・バイオリンは30万円~。新しいバイオリンは20万円~。生涯を共にする楽器を求めるならここ。完全予約制。

Pete Cooper petecooper.com

フィドルの先生のHP
現在、Zoomによるグループと個人のオンラインレッスンが行われています。人気のクラスは世界中から40名ほど参加します。https://www.petecooper.com/workshops.htm

2021春季ワークショップ

スコティッシュフィドル曲

日本時間4月22日(木)より10週間のコース
毎週木曜日AM4:30~6:00(日本時間)
4月22日~7月1日(2回のハーフタイムブレイク)
演奏レベル 中級・上級
費用:£100.00

イギリスとアイルランドのフィドル曲

日本時間4月14日(金)より6週間のコース 毎週金曜日AM4:30~6:00(日本時間)
4月14日〜5月19日
演奏レベル ベーシックプラス/中級/上級
費用:£60.00

個人レッスン

火曜日、水曜日、木曜日に個人レッスンをしています。レッスン料金は1時間60ポンド(約8600円)、または30分ごとに30ポンド(約4200円)です。

※お申し込みは、pete@petecooper.com までメールでご連絡ください。お支払いは、銀行振込、または英国外からはPayPalでお願いします。