Tamiko

楽器について> フィドルを手に入れよう
フィドルの弓

フィドルを手に入れよう

レンタル楽器を利用する

需要の増加で制度も充実しているようです。気に入ればレンタル料を積み立ての形にして後で購入も可。クレームも対処してくれ、楽器の途中交換も可能。ヤマハなど。

楽器店で購入する

お店に出ているものは、新作品、中古品ともに調整済みで安心。楽器としての健康状態は良好でしょう。予算とイメージををしっかり持って から行くこと。納得する ものが見つかるまで、下見のつもりで 何度でも足を運んで大丈夫です。予算は高ければよいというわけではなく、手作り工芸品の場合30~40万 円あたりからになるでしょう。工場生産のものは5万円くらいからあります。ちなみに、日本では、クラシック音楽向けの調整をするのが普通なので「フィドル 向け」に調整してほしい、といっても通じないのがほとんどです。それも、趣味で弾く分にはあまり気にすることはありません。

人から譲ってもらう

知人から安く譲ってもらえればラッキー。ある程度の調整は自分でできた方がいいですが、問題が大きければ調整代が多くかかってしまうことも。

インターネットで買う

最近は、手軽に手に入る方法として、インターネットで買う人もいます。中国製の1万~5万までの価格帯はほとんど差がない品質。その後 の修理や微妙な調整はほとんど望めませんが演奏はできます。 ネット上のオークションは状態をみることができないので、賭けですね。どっちにしても、楽器を試奏しないで買うのは賭けです。
また、音色に関していえば、人によって好みがあると思いますが、クラシック音楽のような長く鳴り響かすような音色と、フィドルのナチュラルな音色は区別 で きるものだと私は思っています。好みの音色が出る楽器を探すといいですね。
また、外見の好みもあります。強い赤、黄味のある木肌、黒っぽい楽器など。
そして、楽器を手に入れたら、後は良い音で毎日弾き込んであげることが、楽器をよくしていくためになにより大切です。