Tamiko

フィドルの世界

その土地に根ざした民俗音楽をバイオリンで演奏するとき
バイオリンはフィドルという名前で呼ばれます

アイルランドセッション ピートワークショップ

Tamikoプロフィール

フィドル多美子

大阪市出身。奈良市在住。5歳よりバイオリンを始める。バイオリンを李善銘氏、故古武滋野氏に師事。大阪府立北野高校卒、理学部卒生物学士。
2002年、夫の企業留学に伴い渡英、ロンドン在住中にフィドルに出会う。イギリスの無形伝統芸術の殿堂である、英国民族舞踊民謡協会EFDSS(English Folk Dance and Song Society)のLondon Fiddle Schoolを経て、Pete Cooper氏にメインに師事。
他にも、スコットランドのエディンバラ、ウイットニー、ニューキャッスル、オックスフォードで行われた講習会に参加。数多くのフィドラーの教えを受ける。また、来英、在英のさまざまな国のフィドラーの教えも受ける。
レパートリーはイングリッシュをはじめ、スコティッシュ、アイリッシュ、スカンジナビアン、ケイジャン、アメリカンオールドタイム、東欧など幅広い。
2004年秋、帰国。音楽活動を開始。JEUGIAカルチャーセンターにて「アイリッシュフィドル」講座を担当。フィドルをトータルにプロデュースするTokyo Fiddle Clubを設立。Tokyo Fiddle Clubの活動の様子が、弦楽器雑誌『サラサーテ』2008年vol.23、アイルランドの雑誌「CARN(カーン)」no.148に取り上げられた。フィドルレッスンのほか、コンサートや音楽イベントの企画をする。
2008年、2010年の二度Pete Cooper氏を招聘した。2008年、2010年、再度、渡愛や渡英をして研鑽を積む。CCÉ主催2020アイルランド音楽祭Fleadh Cheoilオンラインコンペティション日本予選フィドルソロ部門金賞受賞。現在、近鉄文化サロン奈良で「アイリッシュフィドル入門」講座を担当。

with pete

Pete Cooper先生

李先生と

子どもの頃のバイオリンの恩師李善銘先生
先生が営む弦楽器店Primroseにて